北陸新幹線「かがやき」「はくたか」、23年3月18日から、東京への所要時間が最大2分短縮

北陸新幹線「かがやき」「はくたか」、23年3月18日から、東京への所要時間が最大2分短縮

JR西日本は2023年3月18日のダイヤ改正に伴い、北陸新幹線「かがやき」「はくたか」で東京と行き来する際の所要時間(片道)を最大2分短縮する。

大宮ー高崎間の最高速度が時速240㎞から275㎞にスピードアップするため、所要時間が短くなるということだ。

北陸3県の各駅と東京駅の最短時間は以下の表の通り。

かがやき改正前改正後
金沢 2時間27分  2時間25分 
富山 2時間 7分  2時間 5分 
はくたか改正前改正後
金沢 2時間55分  2時間53分 
新高岡 2時間41分  2時間39分 
富山 2時間32分  2時間30分 
黒部宇奈月温泉 2時間19分  2時間17分 

高山本線、朝に富山へ向かう利便性を向上

高山本線では、朝に速星ー富山の短い区間で走っている列車の始発駅を後ろに延ばし、越中八尾発富山行きとする。これにより、朝6~8時に越中八尾を発車する富山行き列車は、5本から6本に増える。

「花嫁のれん」は車掌不在に

七尾線の観光列車「花嫁のれん」は車掌の乗務を止め、運転士とアテンダント(サービススタッフ)のみとする。

Follow me!

PAGE TOP