【続報】ニトリかほく店、23年1月27日にオープン/バイパスレジャーランド跡/イオンモールかほくの新店・退店情報も

【続報】ニトリかほく店、23年1月27日にオープン/バイパスレジャーランド跡/イオンモールかほくの新店・退店情報も

かほく市の津幡バイパス沿いに整備中だった「ニトリかほく店」は2023年1月27日にオープンすることになった。

過去記事は以下のリンクから

場所は旧「バイパスレジャーランド宇ノ気店」跡。2023年1月16日時点では、既に外構部の工事が終わっており、店内で陳列作業か何かをしている感じだった。

ニトリのロードサイド店(路面店)と言えば2階建てや3階建てで、下のフロアは食器や雑貨、カーテンなど軽めのもの、上のフロアは書棚やベッド、ソファなど重めのものを置くイメージが強い。

この点、かほく店は平屋。先日、白山市でオープンした「無印良品北安田」もそうだが、平屋でだだっ広い建物にすると、見晴らしは良いのだが、どこか「倉庫っぽさ」が出てしまい、高級感や買い物時のワクワク感が損なわれてしまうと筆者は思っている。かほく店では、その辺への配慮があるのかどうかに注目したい。

左奥に見えるのがイオンモールかほく

イオンかほく「H&M」はスポーツ店跡に

2023年4月、イオンモールかほくに出店予定のファストファッションブランド「H&M」は、当サイトの過去記事にある通り、モール東側にあった「スポーツオーソリティ―」の後継テナントになるようだ。

過去記事は下のリンクから

フィットちゃんランドセルを製造する会社の店も…

このほか、出退店情報としては、長く1階中央にあったバッグや革小物の「Jand D」が23年1月17日まで完全閉店セールを実施している。

この「Jand D」、実は「フィットちゃんランドセル」を作っているハシモト(富山市)の系列の店。Jand Dのブランドは小松市のイオンモール新小松にも店を置いていたのだが、2021年7月に閉店している。コロナ禍でお出掛け機会が減って厳しかったのだろうか?

ASBeeも退店するものの、実は……

モール2階、ヤマダ電機との連絡通路の近くに長くあった靴店「ASBee」は23年1月31日に閉店する。

ASBeeはGreenboxと同じ会社が経営

その案内文を見て、会社ホームページを調べたことで、筆者は初めて知ったのだが、ASBeeを展開する会社「ジーフット」(東京)は、イオングループ直営の売り場にある靴売り場「Greenbox」も経営しているらしい。

なるほど。そう言えば、今度、イオンもりの里店にASBeeが出店する。イオングループとジーフットは、なぜこんなに近しいんだ…。

結果、ASBeeもGreenboxもイオングループだった

と思って調べて分かったのが、ジーフットはイオングループだということだった。恥ずかしながら、筆者には初耳である。

北陸の両店は「ほとんど」イオン系列の施設内

さらに調べると、北陸にあるASBeeとGreenboxは、ほとんどがイオン系列の商業施設に入っていることに気付いた。

富山県はイオンモール高岡、同となみ、イオン高岡店内にある。石川県はイオンモールかほく、同白山、同新小松、イオン金沢店、同もりの里店、同松任店、同野々市南店、同小松店、同加賀の里店に加えて「アル・プラザ金沢」の2F。もちろん、イオン系列が弱い福井県にはゼロ。

アル・プラザ金沢にも店があるのは面白い(もっとも、かつては「片町きらら」にもあった)。金沢駅周辺なら同じイオン系列の「金沢フォーラス」があるのに、なぜ、アル・プラザ金沢なんだろう。関係者と話す機会があったら取材してみようと思う。

Follow me!

PAGE TOP