北陸3県はそれぞれ「食べ物自慢」でトップ10入り / 旅行や教育も好き / ソニー生命まとめ

北陸3県はそれぞれ「食べ物自慢」でトップ10入り / 旅行や教育も好き / ソニー生命まとめ

ソニー生命保険がまとめた全国各都道府県の意識調査の結果によると、北陸3県はいずれも「食べ物の美味しさが自慢」と答えた人の比率が全国トップ10に入った。

具体的には1位が石川、6位が富山、7位が福井だった。ちなみに2位は北海道。石川は、あの北海道よりも「うちの県の食べ物は美味いぞ」と思っている人が多いらしい。

関連で「お酒の美味しさが自慢」と答えた比率は1位が米どころ新潟で、7位に石川、9位に富山が入った。

このほかの「自慢」では「教育水準の高さ」で福井が1位、富山が2位、石川が9位。「子育てのしやすさ」で福井が2位だった。

ちなみに、各県出身で自慢の有名人は

富山 柴田理恵

石川 浜辺美波

福井 五木ひろし

らしい。一昔前なら石川は松井秀喜だっただろうな。時代は変わった。

石川は美男美女多く、富山は方言が可愛い?福井は旅行にお金使いたい

「美男美女の多さが自慢」は1位が福岡、2位沖縄、3位秋田。5位に石川が食い込んだ。「方言の可愛さが自慢」は富山が4位。ちなみに方言も1位は福岡だった。

 

消費行動に関する項目を見てみよう。

なるべくお金をかけたい対象として「食べ物」を挙げた人の比率で、富山が全国1位になった。石川は「自動車」で6位だった。福井はこの辺りの項目でトップ10に入っていない。「教育」は4位に富山、9位に石川がランクイン。「旅行」は福井が2位、石川が6位になった。

調査は10月27日~11月5日にインターネットで行われ、各都道府県で100人ずつが回答した。

石川、富山、どちらも半数が互いをライバル視

調査で面白かったのは、隣県同士が意識し合う度合いを調べた項目だ。

東京にも隣り合う「埼玉と千葉」、富士山を挟んだ「山梨と静岡」などと並び、石川と富山が互いをライバル視していると紹介している。

富山の回答者の48%、石川の回答者の42%が互いをライバルと位置付けたそうだ。

個人的には「北陸3県」と言いながら、3県の関係は歪(いびつ)だと思う。

石川の人は富山を「半分は加賀藩領で、もう半分は属国。北陸は石川(金沢)でもっている」という上から目線で見ている。一方、富山の人は石川を「歴史にあぐらをかいた井の中の蛙。大した近代産業もないくせに」という感覚があると思う(※個人差はある)。そして、その両県から見ると、福井は「半ば関西」という印象がある。

ここで、もう少し注意深く見てみたい。

栃木で群馬をライバルと見ているのは43%で、逆は57%。山梨で静岡をライバル視しているのは47%に対し、逆は37%。つまり、隣県同士でライバル視していると言っても、両県には10ポイントぐらいの温度差がある。

この点、石川、富山はライバル視している人の比率が近い。これこそ、本当に互いを意識し合っている関係と言えそうだ。

PAGE TOP