高岡市の三秀工業、鉄の可能性探る新ブランド立ち上げ、名作家具をオマージュ

高岡市の三秀工業、鉄の可能性探る新ブランド立ち上げ、名作家具をオマージュ

三秀工業(高岡市)は「鉄の更なる可能性を追求する」をビジョンに掲げた新ブランド「3E WORKS(スリーイーワークス)」を始動させ、名作家具をオマージュした金属製のチェアを発表した。

第1弾の製品はスイスの建築家ピエール・ジャンヌレが1950年代のインドのチャンディーガル都市計画の際にデザインした家具から、代表的な2種類のチェアとサイドテーブルのデザインを採用。ステンレススチールで表現し直した。

写真右から「PJ-01 ダイニングチェア」(税込み15万円)、「PJ-03 サイドテーブル」(9万円)、「PJ-02 リビングチェア」(19万円)。

いずれも鉄の加工で培った切断、曲げ、溶接といった技術を駆使し、全ての工程を自社で担う。金属製に置き換えることで、長く親しまれる家具づくり、ブランドづくりを目指すという。

2024年5月8日から、クラウドファンディングサイト「BOOSTER」で、目標金額を100万円に設定したプロジェクトを開始した。

国分 紀芳

国分 紀芳

1985年生まれ。石川県出身。慶應義塾大学商学部を卒業後、北國新聞社に入社。キャリアの大半を経済記者として過ごす。2022年2月に独立・起業した。

PAGE TOP