魚津・シキノハイテックのカメラ技術、JAXAが月着陸実証機に採用/「降りたいところに降りる」へ

魚津・シキノハイテックのカメラ技術、JAXAが月着陸実証機に採用/「降りたいところに降りる」へ

ジャスダック上場のシキノハイテック(魚津市)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発している月着陸実証機「SLIM」の航法カメラの開発を担当した。

小型月着陸実証機SLIM(出典・JAXAホームページ)

JAXAホームページによると、SLIM (Smart Lander for Investigating Moon) は将来的な月探査に向けて必要なピンポイント着陸技術を研究し、小型探査機で実証してみるプロジェクト。これにより「降りやすいところに降りる」ではなく「降りたいところに降りる」へ転換する、世界的に珍しい計画らしい。

このプロジェクトで、航法カメラは月面に近付き、狙った場所にピンポイントで着地するための鍵となる部位。それと言うのも、着地に当たっては月面をカメラで撮影し、シキノハイテックによる静止画を圧縮・伸長させる技術で高速画像処理したデータを機上や地上に伝送し、SLIMの位置を決めることになるという。

シキノハイテックのカメラ技術は過去にもJAXAのプロジェクトで採用されている。このほか、コンビニエンスストアATMのカメラでは確か国内トップシェアのはず。一般的な知名度は高くないだろうが、確かな技術を持つ北陸の企業だ。

SLIMのホームページは以下のリンクから。

https://www.isas.jaxa.jp/home/slim/SLIM/index.html


PAGE TOP