トランテックスとジェイ・バスが車体供給の日野自動車、データ不正影響で540億円の最終赤字

トランテックスとジェイ・バスが車体供給の日野自動車、データ不正影響で540億円の最終赤字

日野自動車(東京都日野市)は2022年3月29日、排ガスのデータ不正を受けた諸費用を加味して2022年3月期の業績予想を下方修正し、連結の純損益は150億円の黒字予想から一転、540億円の赤字に転じるとの見通しを示した。

日野の車両は北陸との縁が深く、100%子会社のトランテックス(白山市)はトラックのボディーやバスの部品を製造している。いすゞ自動車(東京)と日野が半々で出資し、日野にとって持分法適用会社に当たるジェイ・バス(小松市)は、いすゞ、日野両社向けのバスの製造、バスボディーの開発を手掛けている。

日野は今期、2021年9月に届け出たリコールに関する追加発生費用180億円を営業費用に計上する。

さらに、今回のエンジン認証の不正行為に伴い、リコール費用や税制優遇追加納付費用として400億円を特別損失に計上する見込みで、さらに北米向けエンジンの認証課題で補償損失160億円をみていたところ、280億円に上振れすることとなった。

今回の修正では、売上高を従来予想比400億円減の1兆4,200億円、営業利益を220億円減の320億円、経常利益を170億円減の340億円とした。

Follow me!

PAGE TOP