北陸新幹線の利用者数、累計5,000万人を突破/JR西日本が発表/金沢開業から7年1カ月

北陸新幹線の利用者数、累計5,000万人を突破/JR西日本が発表/金沢開業から7年1カ月

JR西日本は22日、北陸新幹線の利用者数(上越妙高ー糸魚川)が累計で5,000万人を突破したと発表した

5,000万人に達したのは15日。2015年3月14日の金沢開業から7年1カ月での達成となる。

さて、1,000万人ごとの到達ペースを比べてみる。

1,000万人  →16年 4月13日、金沢開業 から 1年1カ月

2,000万人 →17年 6月15日、1,000万人から 1年2カ月

3,000万人 →18年 8月14日、2,000万人から 1年2カ月

4,000万人 →19年10月 3日、3,000万人から 1年と1カ月半

5,000万人 →22年 4月15日、4,000万人から 2年と6カ月半

新聞社時代、前回の節目から1年ほど経つと、JR西日本の金沢支社に「そろそろ次の節目では?」と問い合わせていた。ただ、こうして見ると、コロナ禍でいかに利用者数が減少していたかが分かる。つい「そろそろ…」と問い合わせることすら忘れていた。

かく言う筆者も、最後に乗ったのは何年も前。長引くコロナ禍で、もうすぐ3歳になる長女は北陸の外に出たことがない。コロナが落ち着いたら、新幹線で旅行にでも連れて行ってあげたいと思う。

まとめページは以下のリンクから

PAGE TOP