休眠状態の高級ボールペンを復活/海外製の軸にもジェットストリームの芯が搭載可能

休眠状態の高級ボールペンを復活/海外製の軸にもジェットストリームの芯が搭載可能

昔から高級筆記具が好きだった。

とは言え、数万円のペンを集めるほどにはハマらず、だから何かのタイミングに買った逸品は「いざという時に使おう」と机の片隅に飾ったまま。その「いざ」はなかなか訪れなかった。

しかし、野山を駆け回る記者時代と違い、今は個人企業だが肩書きだけは「社長」である。今こそ「いざ」じゃないか。

そう思い、ホコリまみれのボールペン2本を引っ張り出した。

いずれもドイツの筆記具メーカー、ペリカン製。Amazonや楽天市場で検索すると、青い軸が2万6,000円前後、緑の軸が1万4,000円程度。ペン2本で4万円とは……独身時代の可処分所得の高さを再認識させられる。

海外製はインクの質がイマイチ…

これまで海外製ボールペンを多用しなかった理由は、傷つけたくないのはもちろん、100円クラスの国産ボールペンと比べてもインクの質が悪いと感じたほか、替え芯が高価(だいたい1本1,000円前後)だからだ。

ところが今回、ペリカン製の芯は日本最強の油性ボールペン「ジェットストリーム」(三菱鉛筆)の替え芯と互換性がある、と分かった。

ペリカン製ボールペンの芯は、世界中に愛用者が多い「パーカータイプ」。これはJISのG2規格に該当し、各国メーカーが準拠した芯を製造している。パーカータイプの芯を採用しているのは、例えば以下のメーカーだ。

パーカー

ペリカン

アウロラ

ステッドラー

カヴェコ

ファーバーカステル

この並びに、型番「SXR-600」で表される回転式ジェットストリーム向けの替え芯が入る。

ジェットストリームの書き味は今さら語るまでもない。

G2規格のジェットストリーム芯の定価は税別600円。一般のジェットストリーム芯は税別100円なのだが、G2規格は体感的に3倍ぐらいの容量があると思うので実質的な価格差は縮まる。

書きやすさは海外製に勝り、コストは低い。G2規格のジェットストリーム芯を上記のペリカン製ボールペンに入れてみたところ、わずかなグラつきもなく、筆記は安定していた。

今からジェットストリーム芯を使うために海外製のペンを買うのは、費用対効果の面から賛否が分かれるだろう。少なくとも、眠っている海外製のペンがある人は、久々に出してきてジェットストリーム芯を活用してみる価値はあると断言できる。

PAGE TOP