連載【加賀屋、あわら温泉へ】㊤ 創業140年の老舗「つるや」を承継/北陸新幹線の延伸見据え進出か

連載【加賀屋、あわら温泉へ】㊤ 創業140年の老舗「つるや」を承継/北陸新幹線の延伸見据え進出か

旅館経営の加賀屋(七尾市)は2022年5月10日、あわら温泉(あわら市)の老舗旅館「つるや」を取得した。後継者不在に悩む つるやの要請に応えて承継を決めた。2023年度末に控えた北陸新幹線敦賀開業を見据え、延伸地域での宿泊需要の伸びを吸収する狙いもあるとみられる。

あわら温泉の「つるや」=あわら市

加賀屋グループが県外で旅館の運営に乗り出すのは、国内では初めてとなる。

つるやは1884(明治17)年の創業。ホームページによると、客室は和室が20室(定員は計120人)あり、客室ごとに造りが異なるこだわりぶり。食事処、130畳の宴会場、2つの大浴場、プライベートバー、カラオケルームなどを備える。駐車場は40台分ある。

加賀屋によると…

※続きはnoteで公開しています。

まとめページは以下のリンクから

Follow me!

PAGE TOP