中越パルプ工業と丸紅、法人向け農業資材の試験販売 / セルロースナノファイバーで病害阻止

中越パルプ工業と丸紅、法人向け農業資材の試験販売 / セルロースナノファイバーで病害阻止

中越パルプ工業(高岡市)と大手商社の丸紅は2022年7月11日、中越パルプが開発したセルロースナノファイバーを活用し、植物表面からの病原菌の侵入を防ぐ農業資材の法人向け試験販売を始めたと発表した。

発表内容を簡略化すると、試験販売を始めた農業資材「nanoforest-S」は植物の葉に散布することで、微細なセルロース繊維の網が歯の表面を覆う。その「マスク効果」で病原菌の侵入から葉を保護する。

農林水産省が策定する「みどりの食料システム戦略」で推進する総合的病害虫・雑草管理(IPM)には、4種類の対策がある。土づくりなどの「耕種的防除」、天敵を活用する「生物的防除」、化学農薬を使う「科学的防除」、そして今回の商品が含まれる「物理的防除」がある。

農薬は手軽だが、環境負荷が大きい。世界人口が増える中、環境に優しく、安定的な食糧生産を続けるため、中越パルプ、丸紅、筑波大学の3者は2018年に物理的防除に向けた共同研究を始めた。今後も研究開発を続けるという。

サイト「BizラボHOKURIKU」に活動応援金を贈る
PAGE TOP