北陸電力の第1四半期決算、123億円の経常赤字/燃料価格の高騰が影響、営業、純損益も赤字

北陸電力の第1四半期決算、123億円の経常赤字/燃料価格の高騰が影響、営業、純損益も赤字

北陸電力の2022年4~6月期(第1四半期)の連結決算は、増収だったが、火力発電の燃料価格が高騰して営業、経常、純損益が赤字に転落した。

営業収益経常損益純損益
2022年4~6月期163,560(33.7)▲12,395(赤字転落)▲9,286(赤字転落)
▲はマイナス、カッコ内は前年同期比増減率=%

総販売電力量は前年同期比4.2%減の77億3,000kwh。4月の暖房需要、卸電力取引所への販売が減少した。一方で燃料費調整額の増加などから増収となった。

北電の資料によると、ドル円の為替レートが前年同期に比べて20%円安に振れる中、原油価格は43%高くなり、石炭価格は2.9倍になった。石炭価格の高騰は経常利益ベースで70億円のマイナス要因になった。また、購入電力量の増加が経常利益を60億円分、下押しした。

中間は無配に

これまで「未定」としていた中間配当は、ゼロ(無配)にすると発表した。期末配当は未定のままとした。

前期は中間7.5円、期末2.5円だった。

Follow me!

PAGE TOP