清水建設、オムロンなどが加賀市医療センターでロボット使った清掃・配送サービスを実証導入

清水建設、オムロンなどが加賀市医療センターでロボット使った清掃・配送サービスを実証導入

清水建設、ブルーイノベーション、オムロン ソーシアルソリューションズ(いずれも東京)の3社は、加賀市医療センターで、病院設備と複数のロボットを連携させた清掃・案内・配送サービスを実証導入した。

加賀市医療センターに清水建設の建物OS「DX-Core」と「Mobility-Core」、ブルーイノベーションのロボット制御プラットフォーム「Blue Earth Platform」を導入。プラットフォームを介し、DX-Coreとオムロンの複合型サービスロボット「Toritoss」、清掃ロボットを連携させ、各ロボットがセキュリティ自動ドアと連動して病院内を移動しながら作業する仕組み。

Mobility-Coreを仲介してDX-Coreと連携させた配送ロボットと自動ドアの連携実証も併せて行った。

結果、ロボット導入による清掃業務・看護業務の負担を軽減できる可能性を確認し、人にロボットのサービスを組み合わせれば、病院施設内のマンパワー不足への対応、コロナ禍における人との接触機会を抑えた安全な業務運営などを実現できると分かった。

3社は今後、さらなる実証を重ね、建物とモビリティ、ロボット、データの連携による先端的なサービスの開発を進める。

PAGE TOP