【続報】綿貫勝介前社長が死去のトナミホールディングス、後任に髙田和夫専務が昇格

【続報】綿貫勝介前社長が死去のトナミホールディングス、後任に髙田和夫専務が昇格

トナミホールディングス(高岡市)は2023年1月5日に開いた取締役会で、22年12月に死去した綿貫勝介前社長の後任として、髙田和夫専務が昇格するトップ人事を決めた。中核事業会社のトナミ運輸も、同様に髙田専務が社長に就いた。

髙田氏は66歳で、1983年にトナミ運輸へ入社。2005年にトナミ運輸の執行役員になり、07年に取締役に就いた。08年からはトナミホールディングスの取締役も兼ねており、17年に両社の専務となった。

Follow me!

PAGE TOP