【続報】完璧なデザインのシャープペン「ロットリング600」を色・芯径違いで買い増し/シルバー0.7mmを購入

【続報】完璧なデザインのシャープペン「ロットリング600」を色・芯径違いで買い増し/シルバー0.7mmを購入

株式投資をやっていると頻繁に使う言葉「買い増し」。だが、文具好きはシャープペンシルにも、この言葉を使う。

以前、あえて重みを感じながら文字を書く行為を楽しむため、ドイツのロットリング社のシャープペンシル「ロットリング600」を購入したと紹介した。

愛用しているのは0.5mmモデルのブラック。今回、地元新聞社を退職・独立して1年近くが経ったので、ロットリング600の0.7mmモデルのうち、シルバーを買い増した。

いや、相変わらず格好良すぎる。

たくさんの曲線と直線を組み合わせているのに、ゴチャゴチャせずスッキリしたデザインは、持つ人・見る人に無条件に「良いもの」と感じさせる重厚感を持つ。「シルバー」と言っても光沢感のある色ではないので、作業していても邪魔にはならないだろう。

手に持った時の重心は真ん中ぐらいで好みが分かれるのを認めるが、見た目に関しては完璧だと筆者は思う。

オススメしたい芯径 0.7mm

画数の多い感じを扱う日本人からすると、シャーペンの芯と言えば0.5mmが主流だけど、アルファベットを使う海外では0.7mmが主流らしい。

もっとも、仮に日本語であっても、0.7mmは素早く書きなぐる勉強時・取材時や大きめの文字を書く際に使いやすい。筆者はそんな用途が多いので、最も多く使う芯径は0.7mmとなっている。

たった0.2mmの違いでも、実際に書いてみると、驚くほど「ガッチリ感」というか、芯が折れにくいことへの安心感は大きい。機会があれば、お試しを。

Follow me!

PAGE TOP