Rody誕生39周年、金沢21世紀美術館で23年1月24~29日に「九谷焼ロディ フェア」

Rody誕生39周年、金沢21世紀美術館で23年1月24~29日に「九谷焼ロディ フェア」

九谷陶泉(小松市)は2023年1月24~29日、馬がモチーフのキャラクター「ロディ」の誕生39周年記念企画として、金沢21世紀美術館で「九谷焼ロディフェア」を開催する。

九谷焼作家による約20種類の九谷焼ロディ、ロディ39周年を記念した特別企画品3種類の展示を行う。

九谷陶泉は2015年、ロディのライセンス元であるJAMMYの許諾を得て「九谷焼ロディ」の取り組みを始めた。プロジェクト開始までには約1年をかけ、これまでに作家27人とともに、九谷焼の伝統的な製法に沿った多様なロディを開発した。

ロディの誕生は1984年のイタリア

九谷陶泉の発表によると、子どもに人気のバランスボール「ロディ」は1984年、イタリア北部のオソッポ村にある「レードラプラスティック社」で誕生した。

2024年の生誕40周年を控えて「39(サンキュー)周年」となる2023年、ロディはユーザーへの感謝の気持ちとして伝統工芸や他キャラクターとのコラボなどの企画を進めている。

本家のロディは「7,000円前後~」と決して安くはないのだが、筆者の2人の子ども(お兄ちゃん、妹)は自力で立てるか立てないかといった頃からロディを気に入り、家の中を縦横無尽に乗って回っている。しかも、長男は5歳になった今もたまに遊んでいるぐらいだ。

特別企画品は受注生産で39万円!

さて、今回のフェアでは、そんなロディの特別企画品(下の写真)を販売する。

いずれもサイズは縦7.5×横16×高さ17.5cmで、重さは450g。3代仲田錦玉氏の手による。受注生産でオーダー後2カ月で届くらしい。税込み39万円。

ロディフェアの入場は無料。11~17時で、最終日の29日は15時までとなる。

Follow me!

PAGE TOP