【独自】金沢・上堤町のホテル「eph(エフ)」跡は「Minn金沢」として23年1月中旬に再オープン/最近のホテル改装まとめも

【独自】金沢・上堤町のホテル「eph(エフ)」跡は「Minn金沢」として23年1月中旬に再オープン/最近のホテル改装まとめも

お急ぎの方は後半の「≪地図あり≫オーナーや運営会社の交代が相次ぐ」の見出し以降だけでも読んでいただけると幸いです。

金沢市上堤町で2022年10月に営業を終えたデザイナーズホテル「eph(エフ) KANAZAWA」が、運営会社の交代と改装を経た2023年1月中旬に「Minn金沢」として再オープンすることが分かった。

Minn」はSQUEEZEというホテル運営会社によるブランドで、同社ホームページによると、都内を中心に大阪府、長野県を含めて計14棟を展開している。「家族・グループみんなで過ごせるアパートメントホテル」らしい。

もともとはオフィスビル

Minn金沢を整備する建物は9階建てで、もともとオフィスビルだった建物が宿泊施設に改装されている。

2020年8月、エイジェーインターブリッジ(東京)がeph KANAZAWAとして運営を始めたが、22年10月末に営業を終了していた。

オフィス街からホテル街へ

北陸新幹線が金沢まで延伸した2015年3月以降、金沢市の旧市街地では宿泊施設の開発がラッシュとなった。

主な舞台は今回出てきた上堤町をはじめとしたオフィス街。昔は銀行、信用金庫、保険会社、証券会社などの社名を冠したビルが並んでいたが、建て替えや改装により、すっかりと変貌した。

金沢市上堤町。手前から1、3、4番目のビルは元オフィスで、今は宿泊施設に生まれ変わった

上の写真はたまたまホテルにコンバージョンされたビルの多いエリアを切り取ったので、必ずしも街全体の実情をそのまま映し出しているわけではない。ただ、このように今やオフィスよりも宿泊施設が多くなって「ホテル街」と化した一角もあることが分かると思う。

背景には街の重心が金沢駅周辺に移ったことがある。オフィスが雪崩をうって金沢駅周辺に流出し、空きビル・空きテナント、ビル解体後の駐車場が増加した。

そんな中、観光客に人気の近江町市場、兼六園、金沢城公園などにアクセス良好な立地が見直され、ホテル化が進んだというわけだ。

≪地図あり≫オーナーや運営会社の交代が相次ぐ

ところが、この新型コロナウイルス禍である。感染症の拡大ととも宿泊市場は冷え込み、オーナーや運営会社の交代例が増えた。

ここで、武蔵から片町にかけての主な宿泊施設を、2015年の北陸新幹線開業後に新築されたり、オーナーや運営会社が交代したりした施設を赤いマーカー従来と変わっていない施設を青いマーカーで示してみた(抜け漏れ、ご容赦を)。

こうして見ると、赤いマーカーの多さを実感できる。

大きなところでは、200室あった「アゴーラ金沢」が運営会社交代で「ホテルアマネク金沢」になり、ANAホリデイ・イン金沢スカイのオーナーは名古屋鉄道から茨城県のスーパー「ヒーロー」に代わった。

また、今回のエリアからは外れているが、金沢駅前のホテル金沢を経営するサイトリ細胞研究所(東京)も、あらためて保有ホテルの売却を進める考えを示している。

新幹線開業後に大きく様変わりした金沢のホテル市場は、長引くコロナ禍により、さらに変容を続けている。

PAGE TOP