加賀温泉駅は「日本海口」「温泉中央口」/金沢ー敦賀の新幹線駅出入り口名が決まる/あれ?金沢駅と逆??

加賀温泉駅は「日本海口」「温泉中央口」/金沢ー敦賀の新幹線駅出入り口名が決まる/あれ?金沢駅と逆??

JR西日本は22日、2024年春に開業を予定する北陸新幹線金沢~敦賀間に設けられる6駅の出入り口の正式名称を発表し、加賀温泉駅、福井駅、敦賀駅は方角に加え、当地にまつわる名称を付けた。

福井駅は「一乗谷口」「福井城址口」に

各駅の正式名称は以下の通り。

小松東口西口
加賀温泉北口(日本海口)南口(温泉中央口)
芦原温泉東口西口
福井東口(一乗谷口)西口(福井城址口)
越前たけふ東口西口
敦賀東口(やまなみ口)西口(まちなみ口)
加賀温泉駅の完成イメージ(出典・独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構プレスリリース)

加賀温泉、福井、敦賀の3駅は自治体の提案を参考に決めたという。

小松、芦原温泉、越前たけふの3駅は東口、西口というシンプルな名称となる。

そう言えば、2015年3月に新幹線が延伸した金沢駅の出入り口も、新幹線開業の当日から「東口(兼六園口)」「西口(金沢港口)」になった。

……と思ってあらためて調べたら、それは間違いだった

金沢駅「兼六園口」「金沢港口」を後悔???

2014年12月9日にJR西日本が出したプレスリリースを見ると、金沢駅の出入り口の正式名称は「兼六園口(東口)」「金沢港口(西口)」となっている。

なんと「兼六園口」が前面に出ていて「東口」がカッコ内なのだ。

ただ、それから7年が経ち、地元住民が「兼六園口で落ち合おう」と活用しているケースはほとんど見たことがない。駅から県庁側のエリアは今も「駅西」と呼ぶし、観光客には分かりやすい名称なのか分からないが、地元客への浸透度合いはかなり低いとみられる。

金沢駅の「兼六園口(東口)」にある鼓門

そんな中、加賀温泉、福井、敦賀の3駅は、金沢駅と逆でカッコ内が愛称的な名称、カッコ外が方角を示す名称となる。もしかしたら、金沢でそれほど定着しなかったから、今回は逆の配置にしたということだろうか?

そもそも、都会で地下鉄を乗り継ぐ人は「C5出口から×××方面へ徒歩3分」のような交通事情で生活している。そんな人たちが東西2つしかない出口で戸惑って困るとも思えない。

そう考えると、愛称的な名称は飾りのようなものであり、ならばカッコ内に収めておくのがベターなのかも知れない。

まとめページは以下のリンクから

PAGE TOP