【北陸経済、マネー】前田工繊が通期業績を上方修正

イメージです。BBSジャパンの製品ではありません

土木資材や建築資材を製造販売する前田工繊(坂井市)は10月14日、2021年9月期(通期)の業績予想を上方修正した。これにより、売上高、利益とも前期実績を大きく上回る。

売上高は従来予想比0・5%増の432億円(前期実績比9・7%増)、営業利益は25・5%増の64億円(同41・6%増)、純利益は23・0%増の45億5000万円(同47・2%増)となる見込み。

公共工事向けの製品群の見直し、コロナ禍での医療・衛星資材の好調さなどが要因。子会社のBBSジャパンは自動車メーカー向けOEM(相手先ブランドによる製造)供給も堅調だった。

前田工繊は10月29日に決算を発表する予定となっている。

10月14日時点の終値は3230円となっている。