【北陸経済、マネー・番外編】あずきの井村屋が上方修正、その理由は、なんと…

井村屋グループ(三重県津市)が11月1日、2021年9月中間期の連結業績予想を上方修正した。その理由は…

 

 

 

 

 

 

あずきバー がたくさん売れたから

 

 

本当ですよ。同社の開示資料は下記リンク。

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120211027417664.pdf

あすきバーは夏場の主力商品であり、それが好調に推移した。しかも「やわもちアイス」も新商品がたくさん売れたらしい。

これを投資家向け開示資料に見つけた時、ちょっとシュールに見えて笑ってしまった。

別に茶化しているわけではない。筆者の母なんか、数十年来のあずきバーのファンだ。コロナ禍2年目の夏、みんな箱買いして自宅で食べたということだろうか。

利益は2倍超に

売上高は当初予想比0・1%増の195億円。営業利益は2・4倍の6億円、純利益は2・5倍の4億円に引き上げた。

利益面の極端な押し上げは主原料のあずき価格が安定したほか、新工場の稼働が寄与したそうだ。

北陸は全国有数のアイス消費地。きっと井村屋の業績に貢献した面もあるだろう。

 

それにしても、井村屋の本社が三重県とは知らなかった。

これぞ「豆知識」だ。