【北陸経済、マネー】ウイルコHDは特損確定なのに業績予想を上方修正???

東証2部のウイルコホールディングス(HD、白山市)は10日、2021年10月期に計上する特別損失の金額が1300万円に確定したと発表した。合わせて連結決算を上方修正した。

ん?特損が出るのに、業績予想を上方修正???

実は、同社は3月、第1四半期(2020年11月~21年1月)会計期間に、電力料金の急騰に伴う特別損失7600万円を計上していた。

その後、電力会社との交渉の結果として、損失額が想定より少ない1300万円に確定したので、差額がプラス方向に寄与するということのようだ。

損益が黒字転換見込みに

修正後の売上高は前回予想比1・7%増の106億7600万円、営業利益は4・0%増の3億1200万円、純利益は33・0%(6600万円)増の2億6600万円。

これを前期実績比でみると、売上高は10・6%減となる。営業損益は1億1600万円の赤字からの黒字転換、純損益は2800万円の赤字からの黒字転換を見込む。

コメントを残す