【北陸経済】「プロが選ぶホテル・旅館」加賀屋は5年ぶり首位陥落

旅行新聞新社(東京)の企画「第47回プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の結果が11日に発表され、七尾市和倉温泉の旅館「加賀屋」は総合2位となり、5年ぶりに首位から陥落した。

加賀屋はもてなし部門で1位、料理部門で2位、施設部門で3位、企画部門で2位となった(そもそも「施設部門」って何だろう。施設なんてそんな頻繁に変わらないだろうに…)。

総合1位は福島県母畑温泉の「八幡屋」で、3位は岐阜県下呂温泉の「水明館」だった。北陸からは9位に加賀市山代温泉の「ゆのくに天祥」が入った。

加賀屋は2015年まで36年連続で総合1位となり、16年は総合3位、17~20年は4年連続1位だった。

北陸で総合11~100位に入ったのは次の施設。

19位 瑠璃光(山代温泉)

42位 茶寮の宿あえの風(和倉温泉)

46位 日本の宿  のと楽(和倉温泉)

52位 まつや千千(あわら温泉)

68位 たちばな四季亭(山代温泉)

81位 加賀屋別邸 松乃碧(和倉温泉)

日本一じゃなくても加賀屋の価値が落ちるわけじゃない、と個人的には思う。

宿泊施設って、一般人はそんなにしょっちゅう行く場所ではない。数少ない自分の思い出に残る場所こそ不動の1位だ。頻繁に宿泊施設を利用する「プロ」の目線と温度差はあるはず。

とは言え、働いている人のモチベーションでもあるはずだから、来年は日本一奪還、がんばれ!

Follow me!

コメントを残す