JR西が金沢駅西に開発するオフィスビル、石川県内初の認証を取得

ビル外観のイメージ。友禅流しを模したそうだ(出典・JR西日本不動産開発ホームページ)

JR西日本グループのJR西日本不動産開発(大阪市)は、2022年8月に金沢駅金沢港口(西口)に完成する予定のオフィスビル「JR金沢駅西第四NKビル」が、石川県内で初めて「CASBEE ウェルネスオフィス認証」で最高位の評価に当たる「Sランク」を取得したと発表した。

CASBEE ウェルネスオフィス認証とは、建物を利用する人の健康や快適さを維持、増進する仕様や性能を評価する制度。知的生産性の向上や安全、安心に関する性能も評価するらしい。

JR西日本不動産開発の発表によると、 地上10階建てのJR金沢駅西第四NKビルは各階にリフレッシュやコミュニケーションのスペースを設けており、普段の執務室以外の環境でリラックスして打ち合わせができる。

激甚化する災害に備え、非常用発電機で最長72時間の電力供給が可能な態勢も整えており、断水時にはトイレで利用できる井戸水も確保しているという。これらの取り組みがSランク評価につながった。

面積は金沢エリア最大規模に

エントランスのイメージ。かっこいい(同)

そもそもJR金沢駅西第四NKビルの建設は金沢市広岡3丁目にある、JR西の社宅・西日本JRバスの拠点跡地開発の一環で、敷地面積は4,462㎡。10階建てで延べ床面積は27,548㎡となる。

総貸付面積19,715㎡で、貸室空間は金沢エリアで最大規模のオフィスビルになるらしい。

不動産情報サービスのCBREによると、コロナ禍で金沢エリアのオフィス空室率は悪化(上昇)している。直近の空室率は7.1%で、わずか1年前の4.5%から2.6ポイント悪化している。リモートワークの普及や業況低迷に伴うオフィス縮小の流れが地方にも及んでいるとみられる。

一方、近年の金沢では大規模なオフィスの供給が少なく企業の移転ニーズは高止まりする中、老朽化したオフィスビルの空室が埋まらない他方で一部オフィスビルには需要が集中して空室のない状況が続いていた。

そのため、今後は市場全体として空室率が緩やかに悪化していく可能性もあるが、今回のJR金沢駅西第四NKビルのように、先進性やテーマ性を持つビルは順調に埋まっていくのではないか、とみている。

現在の工事現場(筆者撮影)

Follow me!

コメントを残す