ゴールドウインの3Q決算、利益が通期計画を超過

小矢部市発祥で、今も同市に生産拠点・本店を置くゴールドウイン(東京)が8日発表した2021年4~12月期(3Q、第3四半期)の連結決算は、増収増益で、各利益は通期(22年3月期)の計画値を上回った。

売上高営業利益純利益
3Q実績73,782(6.6)14,157(4.3)10,789(16.8)
通期計画100,000(10.5)14,000(▲5.7)10,300(▲4.0)
単位は百万円。カッコ内は対前期比増減率=%。▲はマイナス

12月の月次売上高は過去最高に

今期は新型コロナ再拡大の影響を受ける中、11月後半からは全国的に気温が下がり、単価の高い冬物が売れて売り上げが回復。保温性に優れたダウンジャケットやフリースなど(同社はザ・ノース・フェイス、ヘリーハンセン、ゴールドウインなどのブランドを持つ)の主力商品が順調で、12月の売上高は過去最高となった。

ゴールドウインの本店=小矢部市内

インバウンド需要の低調が続くため都市部の店舗は振るわないが、アウトレットを含む郊外店が貢献。売上総利益率(粗利益率)は53.7%で前期並みを維持した。

その上で販管費は期初に見込んだ広告宣伝費が、コロナ再拡大に伴う広告自粛によって減少。持分法による投資利益も加わり、利益を大きく押し上げた。

同社は20年3月期が過去最高の業績で、当時の業績は以下の通り。

売上高営業利益経常利益純利益
97,89917,48016,37510,770

近年の業績を見ると、同社の売り上げが最も多いのは第3四半期(10~12月)で、最も少ないのが第1四半期(4~6月)。第2四半期(7~9月)と第4四半期(1~3月)はその中間程度に当たる。

通期予想は新型コロナの影響が不透明だとして据え置いたが、足元ではコロナが拡大する中で人出は増えており、消費意欲も高い。今期は過去最高業績の更新も狙えそうだ。

利益の増加を受けて増配

3Q終了時点の利益水準の高さから、同社は期末配当予想を50円から55円に引き上げた。中間は20円を実施済みで、年配当は75円となる。前期は年70円だったので、5円の増配となる見込み。

コメントを残す