ほくほくFG(北陸銀行)が富山駅北に新本社ビルを建設/26年度に完成、移転/新社長(頭取)に中澤氏

北陸銀行、北海道銀行の持ち株会社ほくほくフィナンシャルグループ(FG、富山市)は25日、富山市中心部にある本社ビルを富山駅近くに新築移転すると発表した。

新本社ビルの完成イメージ(出典・ほくほくFGの公表資料)

ほくほくFGの現本社は富山市堤町通り1丁目にあり、北陸銀行の本部と同居している。

今回のほくほくFG本社ビルの新築移転に当たり、北陸銀行の本部も移転する。

新本社は富山駅北側(北陸電力の本店やオーバーホールがある側)に作る。住所は富山市牛島町137。Googleのストリートビューで19年に撮影された画像を見ると、建設予定地は駐車場のようだ(現在の用途は不明)。

敷地面積は4,304㎡。完成イメージを見る限り、10階建てを超えて周辺で有数の高さの建物になるとみられる。

北陸銀は庵頭取が会長、麦野会長が特別顧問に

ほくほくFGの本社、北陸銀の本部が入るビル

北陸銀行は庵栄伸頭取(65)が会長に退き、後任に中澤宏取締役常務執行役員(59)を充てる人事を内定した。6月23日付の交代を予定する。

麦野英順会長(65)は特別顧問に就任する。

中澤氏は富山県出身で、1986年に北陸銀行へ入行した。総合企画部長、本店営業部長などを経て2017年から同行取締役。19年からはほくほくFGの取締役も兼ねている。

ほくほくFG関連では庵社長が代表取締役を退任し、後任に中澤取締役が就く。6月の株主総会、取締役会で正式に決める。

Follow me!

コメントを残す