1月の輸入額、原材料高で8割超の伸び/相手国はオーストラリアが首位に躍り出る

大阪税関がまとめた、1月の北陸3県の貿易概況によると、輸出額、輸入額とも前年同月から増加した。特に原材料高を反映した輸入額は前年同月比85.2%増と大きく伸びている。

輸入額は630億円で、12カ月連続で前年同月の実績を上回った。とりわけ石炭、アルミニウムの伸びが目立ち、石炭は約3倍の153億円、アルミ・アルミ合金は2.7倍の141億円だった。

相手国別では石炭など鉱物産地のオーストラリアが全体の21.3%に当たる134億円を占めて1位となっている。これは珍しいことで、石炭価格の高騰などがオーストラリアを首位に押し上げたとみられる。

ここに、直近5年分の輸入相手国を掲載する(カッコ内は構成比、オーストラリアは「豪州」と表記)。

2017年2018年2019年2020年2021年
1位中国(21%)中国(20%)中国(21%)中国(22%)中国(19%)
2位ロシア(11%)韓国(10%)韓国(11%)ロシア(10%)豪州(11%)
3位豪州(10%)ロシア(10%)ロシア(9%)韓国(10%)ロシア(11%)
4位韓国(9%)豪州(9%)マレーシア(8%)マレーシア(8%)マレーシア(8%)
5位インドネシア(9%)アメリカ(7%)豪州(8%)豪州(8%)韓国(8%)

見ての通り、近年はトップ5に入るものの、常に2割ほどを占める中国との差は大きかった。ところが、この1月はオーストラリアの21.3%の134億円に対し、中国は14.3%の90億円だった。

輸入は11カ月連続で前年超え

輸出額は26.3%増の340億円。11カ月連続で前年同月の実績を超えた。自動車が2.2倍の31億円、繊維機械が4.2倍の15億円だった。

その結果、289億円の輸入超過となった。輸入額が輸出額を上回るのは7カ月連続となる。

Follow me!

コメントを残す