エヌアイシ・オートテックが業績を下方修正/増益確保も計画比では大きく下振れ

アルミ製フレームや自動化装置を製造するエヌアイシ・オートテック(富山市)は1日、2022年3月期の連結業績予想を下方修正した。前期比で増収増益を確保するものの、各利益は計画から大きく下振れする見通しとなった。

売上高は前回予想比14.8%減の74億1,000万円(前期は66億4,900万円)、営業利益は57.6%減の2億2,500万円(同2億1,800万円)、純利益は38.4%減の2億1,000万円(同1億3,600万円)となる。

米中を中心に経済活動が再開される中、サプライチェーン(供給網)が逼迫し、原材料価格が上昇している。こうした影響から利益面が圧迫されたとみられる。

Follow me!

コメントを残す