【ツール】「サラサ」「ユニボールワン」「エナージェル インフリー」は芯が共通/コスパ最高のボールペン「セルサス」に搭載できる

流行り言葉の1つに「インク沼」がある。万年筆の多彩なインクにハマることだ。先日、長く使っていない高価な海外製ボールペンにジェットストリーム芯が使えると知って以来、沼にハマるほどではないにしろ、ボールペンの替え芯が気になって仕方なくなっている。

新たに分かったのはZEBRA(ゼブラ)の「SARASA(サラサ)」と三菱鉛筆の「ユニボールワン」、ぺんてるの「エナージェル インフリー」の芯に互換性があるということ。

上からエナージェル インフリー、ユニボールワン、サラサ。4本目は後述のセルサス

写真を見て分かる通り、それぞれの芯は細部の形状こそ違うけれど、基本デザインは同じ。いずれも「欧州規格」に則っており、肝心な箇所の太さは等しいので、どの軸と芯を組み合わせても問題なく使える。

例えば「芯はエナージェルの方が好きなんだけど、軸はユニボールの方がシンプルで良いよな~」って人は、両方買って入れ替えるか、ユニボールワン1本とエナージェルの替え芯を買ってもいい。

尋常じゃない高級感のボールペン

前回の記事で数万円のボールペンのことを書いた。ただ、家庭を持って子どもが生まれると、よほど高収入の人以外は、なかなか手を出せない。そんな人にオススメなのが、オート製の水性ボールペン「CELSUS(セルサス)」だ。

定価は税別1,500円。カラーはブラック、ブラウン、シルバー、ワイン、ブルーの5色展開。グリップ部のゴムは好みが分かれそうだが、重量感といい、質感といい、とても1,000円台のペンには見えない。筆記時の剛性感はクセになる。

さて、このセルサスに搭載されているオート製の芯が、とても良い。いわゆる「ヌラヌラ」とインクが出てくる感じで、あまり力を入れなくてもスラスラと書ける。

ところが、この純正の替え芯が300円(税別)という微妙な値段の高さなのだ…。

そして、上述のサラサやユニボールワン、エナージェル インフリーの替え芯と互換性がある。これら替え芯は販売価格が数十円。さすがに同じ容量で4、5倍の価格差となると、普通は数十円の方に軍配が上がるか。

という訳で、筆者はセルサスの軸にサラサのブルーブラックの芯を入れ、取材や打ち合わせ時のメモに活用して楽しんでいる。高級感ある見た目で、ランニングコストは数十円の替え芯。まさにコスパ最高のボールペンだと思っている。

コメントを残す