「住みよさランキング」福井市が全国2位で北陸トップに/2年連続で全国首位の野々市市は今回3位に

東洋経済が1993年から毎年公表している「住みよさランキング」の2022年版が発表され、北陸3県で最も上位となった福井市が全国2位に入った。2020、2021年の2年連続で全国1位だった野々市市は2022年版では3位となった。

福井駅前の恐竜モニュメント

ランキングは「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」の4つの視点に20の指標を設け、それぞれを点数化して総合偏差値を割り出す。対象としているのは、全国の792市と東京特別区20区(千代田区、中央区、港区を除く)の合計812市区となる。

2022年版の1位は東京都武蔵野市だった。2位の福井市は東洋経済の記事によると、子ども医療費助成の拡充などが順位を押し上げたらしい。

全国トップ30を見ると、石川県から5市、福井県から3市、富山県から1市の計9市が入った。「9/30」というのは、なかなかの占有率の高さである。

以下にトップ30に入った北陸の市と総合偏差値、最も順位の高かった視点の全国順位を示す。

全国順位市の名前総合偏差値最も順位が
高かった視点
2位福井市55.7富裕度 21位
3位野々市市55.6利便度 9位
5位白山市54.9快適度 34位
6位金沢市54.7富裕度 23位
10位越前市54.4富裕度 41位
12位魚津市54.1利便度 26位
16位敦賀市53.8富裕度 101位
27位かほく市53.2快適度 89位
29位小松市53.1安心度 122位

ちなみに、31~50位には北陸3県から小浜市(31位)、能美市(37位)、あわら市(39位)、黒部市(41位)が入った。

Follow me!

コメントを残す