【続報②】金沢・片町の「ホテルアマネク金沢」は8月15日にリブランドオープン/スクランブル交差点近く「アゴーラ・金沢」を継承

ホテル運営などのアマネク(東京)は、金沢市片町2丁目で新たに運営を始める「ホテルアマネク金沢」を、2022年8月15日にオープンさせると発表した。ホテルは6月下旬まで「アゴーラ・金沢」として営業しており、今回は運営業務を引き継いでリブランドオープンさせる格好となる。

ホテルは大和ハウスリート投資法人(東京)の運用資産だったホテルを、アマネクがオペレーター(運営業者)として受託、運営することになる。当サイトではアゴーラ・金沢が営業を終えると発表された2022年4月以降、何度か独自ニュースとしてアマネクによるリブランドの進ちょくを記事化してきた。

「ホテルアマネク金沢」になる建物。写真は「アゴーラ・金沢」時代の2022年5月下旬に撮影

新たに開設されたホテル公式ホームページを見ると、まだ新しい建物ということもあってハード面はほとんど手を加えていないように見える。2階のコインランドリーやフィットネスルームというのも、アゴーラ時代からあったと記憶しており、引き続き設置されるもようだ。

一方のソフト面では、例えば、公式ホームページ経由で予約すると、チェックアウト時刻を1時間遅らせて正午に変更するのに通常1,500円かかる延長料金を無料とし、ゆったりと過ごせるサービスなどが紹介されている。

宴会場や外部客が利用できるレストランのない宿泊特化型ホテルなので、地元住民が利用する機会は少ないだろうが、一応、ホームページのURLを掲載しておく。

過去の記事は以下のリンクから。

コメントを残す