北陸新幹線・新高岡駅に2022年8月末、個室ブース型シェアオフィスが開業

JR西日本は2022年8月31日、北陸新幹線の新高岡駅の改札前で、個室ブース型のシェアオフィス「STATION BOOTH」を開業させる。

STATION BOOTHはJR 東日本が展開するシェアオフィス事業「STATION WORK」の個室ブース型。仕事や学習に欠かせないデスクやWi-Fi、電源などを完備し、規模は小さくても静かで快適な空間を提供する。STATION WORKのホームページによると、現在、全国に518拠点がある。

個室ブース型のシェアオフィス「STATION BOOTH」(出典・STATION WORKホームページ)

利用料金は15分につき275円。

北陸では既に富山駅新幹線中央改札口内、金沢駅みどりの窓口内に設置されており、新高岡駅が3拠点目となる。出張者の臨時オフィスや帰宅途中のWEB英会話教室などでの活用を見込んでいるらしい。

「電話ボックス」再び?

筆者が幼少期、まだ「電話ボックス」なるものがあり、人通りの多い場所には必ず設置されていた。壁が透明(アクリル?)なので外から丸見え。電話帳が備え付けてあり、仕事やプライベート上の緊急連絡を行う場だったのだが、携帯電話が普及するにつれて次第に姿を消した。

そして今、再び高さ2mほどの直方体が街に現れ始めた。「出先から外部と連絡をとる拠点」という意味では電話ボックスと同じだが、その中で開くのは電話帳ではなくノートPC。使うのは固定の電話線ではなくWi-Fi。外から覗けないよう壁は半透明。現代風にアレンジされた点に面白さを感じている。

コメントを残す