【独自ニュース、続報】穴吹工務店、金沢駅西の分譲マンションは「サーパス」ブランドで6階建て/24年1月完成

マンションデベロッパーの穴吹工務店(高松市)は2022年5月24日、金沢駅金沢港口(西口)近くの金沢市広岡2丁目で取得した用地に建てるマンションの計画概要を公表した。ブランドは「サーパス」で6階建て、2024年1月末の完成を見込んでいる。

第1報は以下のリンクから。

計画によると、建物の名称は「(仮称)サーパス広岡」で、敷地面積は1,264㎡。ここに建築面積643㎡、鉄筋コンクリート造、延べ床面積2,867㎡の建物を造る。

2022年10月30日に着工する。

30戸ほどを整備か

戸数は現時点で公表されていないが、建物の数が1棟のみで、1階がおそらく30台収容の駐車場になることから、1戸1台として30戸ほどを整備するとみられる。

2~6階の5フロアが住居で、建築面積が643㎡なら、共用部を除くと平均で1戸当たり60、70㎡ぐらいになるのだろうか。

建設予定地はもともとイセ食品(東京)の金沢営業所があった場所。大通りから少し入った、奥まった場所にある。市街化区域の第二種住居地域に指定されており、20m高度地区となるため、6階建てが限度だったようだ。

Follow me!

“【独自ニュース、続報】穴吹工務店、金沢駅西の分譲マンションは「サーパス」ブランドで6階建て/24年1月完成” への1件の返信

コメントを残す